なんかひとこと

日本人は脳が壊れているのであろう(所見)

ブログの要旨

【重要】結論:せねばならぬこと

資源の無駄遣いを抜本的にやめる (怖れず徹底的に) 人口を減らす (人類を減らす) 地球外移住を進める 以上がこのブログの最大の存在趣旨である。 これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。 石油はあと50年ほどで涸渇する。ほか...

2019-01-21

プラスチック生産は責任不在の状態

石油産業が、プラスチック原料をいまも増産しているようです。

彼らは、
  • プラスチック製品が、人命のためを含め重要で役に立っていること(害より益のほうが大きいということ)
  • 代替品にすると高価になるうえCO2排出量が増えたよ、ということ
を言い訳にしているようです。

"Founders of plastic waste alliance ‘investing billions in new plants’" (The Guardian)
European NGO says firms are likely to be at centre of global boom in plastic production



プラスチック製品にもさまざまなものがあり、その大多数は、ムダです。

また、物のムダ遣いをやめれば、代替品にきりかえても、二酸化炭素排出量を含め、外部不経済の総量は減ります


ポリプロピレンやポリエチレン、PETなどのプラスチックは、
風化して粒子に、いわゆるマイクロプラスチックになって、河川や海洋などを浮遊して汚染し、動物の身体にも入り込んでしまっている現状です。

燃やすなどすればマイクロプラスチック化を阻止可能ですが、それは二酸化炭素を含め、排ガスが出ます。

どちらでも、きわめて深刻です。
害と益を比較するとかいうレベルではなくて、そもそも本質的に比較不能な害です。

2019-01-17

気候変動を抑える食生活

肉や魚を食うことは、気候変動を助長する一因なのです。
それなのに、日本人は、食事そのものと気候変動の関連性をほとんど考えておらず、関係ないと思っているでしょう。

"New plant-focused diet would ‘transform’ planet’s future, say scientists" (The Guardian)

(English くらいいちいち訳したりしません。殆どの人は中学出ているでしょう。)


そもそも、動物を食いたいだけ食えるなんていうのは異常です。
ヒトどころかライオンですら、動物を狩るのには苦労しています。
動物を食うのは贅沢です。
贅沢だから肉が食いたいと思って、ヨーロッパをはじめ少なからぬ人々が肉食に憧れて、
食うために動物を飼って、肉を大量生産するようになってしまったのです。

2019-01-14

自己中心性と社会構造破綻

人々は、自己中心的な視界に閉じこもり、自身のエゴイズムに乗っ取られているのです。

社会構造は人々を、追い立てながら、贅沢をしてもいい、贅沢をしても当然だと思い気づかないようにし、人々を乗っ取っています。

だから、物はもうないのに、人々はいまだに無駄遣いをしておるのです。
無駄遣いをしても、自身の周りの人々も無駄遣いし、社会が無駄遣いを要求するとともに許しているのです。

例えば、週5日、全日、夜まで労働しておる人々がおります。
そうして、カネを稼いで生活水準を周りの人々に合わせ、休日に自家用車を乗り回して買い溜めをして暮らしております。
自らの足で歩きません。自らの目で世界を見て回りません。ヴァーチャルに暮らしております。

そうした自己中心的な人々の、烏合の衆、群れがですね、日本人であったりします。日本人は一例であり、日本人だけではないが。

エゴつまりわがままと、社会構造が、人格を乗っ取り、操作しております。

世界の情勢も、概ねはロシアの陰謀でしょうが、それにすらもホイホイと操られて、 Brexit なり、ナチズムなり、ドナルドの既得権益と既成構造を死守する USA 情勢などが現れてきたのです。

しかし、結局は誰が「手綱」を握っているのかというと、誰も制御しておらぬのでしょう。

だから、物は足りない、そのうえどんどんなくなってきておる現状で、
同時に人類の横暴により地球が毀され、典型的には気候変動が現れておるわけです。

既に、カネがあっても物は買えない世界になっておるのですが、
粗悪な贋物(間違い物)を買わされて社会構造の家畜になっておっても、気づきすらせず、贋物を喰い続け、飼われ続けております。

滅亡するのでしょうが、早く滅亡した方が地球の傷は浅く済み、人類の苦痛と狂乱も少なくて済むでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ