なんかひとこと

灯油100円。軽油もあんなに高いから経済破綻しているはずなのに、世の中は隠蔽しているでしょ

2018-10-21

【他ブログ】「ピザ屋でプライドTシャツを着ていた客が追い出される イスラエル」

他ブログ記事ですが、

ピザ屋でプライドTシャツを着ていた客が追い出される イスラエル」(石壁に百合の花咲く)

とりあえず同国が「LGBTQの権利に関しては世界的リーダー」だというのは政府のプロパガンダであって、額面通りには受け取れないと思うんだけど、


イスラエルは、
アラブ、イスラムに対抗するため、
近代西洋の、欧米の基準であることをアピールして、国際的な地位を高めようとしています。

つまり、イスラエルは、セクシュアルマイノリティを利用しているわけです。


ユダヤは、欧米からヘイトされたから、イスラエルに移住してきたのです。
イスラエルは、アラブに対する侵略者です。

そして、イスラエルの地位を確立するために、加害者である欧米と互いに結託して、パレスチナをイジメているわけです。

押し出されたから、その圧力をよそに押し付けているわけです。
争いをなくすということは考えずに、
やられたけどやりかえせないから、よそをやる、という、階層差別的イジメ構造です。封建脳です。日本と同じです。


気に食わないジャーナリストを惨殺するようなアラブ世界も悪ですが、
だからといって、イスラエルが善であるわけでもありません。
「五十歩百歩」とか「目くそ鼻くそ」とかいうことです。


差別、迫害、疎外の世界で、押しのけられた人から零れ落ちて死んでいるのです。人類社会。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

人間社会は仮想現実でしかない

人間の世の中は、人為的につくられたものです。人工物です。

社会で生きていくために、多くの人は無意識に、人間社会に過度に順応しています。

例えば、外出時の移動手段とか、自販機の使い方とかのようなところでも、人間社会のしきたりに従っているでしょう。
電化製品を使う、スイッチを点けるというような行動、一挙手一投足までも、人為的に定められたものです。
それを、多くの人が無意識にやっているのです。

つまり、人のほうが、社会に使われている、ということです。
人間社会の箱庭、仮想現実、バーチャルに暮らしているのです。

だから例えば、天変地異で社会システムが止まると、状況が一変して、人間社会に無意識に過剰順応している人々は、おのれのサバイバル能力のなさにぶち当たります。


社会は人工物で、いわゆるマジョリティというのはその社会に使われて暮らせている層のことです。
権力者、巨大権益者にせよ、社会のしきたりを利用して暮らしていて、一面では社会に使われています

こうした権力者、既得権益者というのはおおむね、社会を抜本的に変革する動機がありません。
社会のしきたりに基づた範囲で将来の社会も設計するしか、能力もやる気も出ない、
そういう構造、システムなのです。


社会に無意識に使われているというのは、
社会のしきたり、つまり社会常識に囚われているということでもあります。

社会常識を捨てれば、現実が見えるようになります。

現実を見れば、
人工物である既存の人間社会にしがみついていることがいかにバカバカしいか、そして間違っているか、わかるでしょう。

現実を見れば、いまの人間社会に将来性がないことも、わかるでしょう。

もともと地球は人工物ではありませんし、
気象も地象も、自然法則も、人工物ではなく、
ヒトは自然法則、大宇宙の法則にしたがうほかないのです。

こうした当然の現実が、人類の多くには、見えていない。
日本人とかいうのはその典型例でしょう。
人間至上で、人間社会中心の主観でしか、ものが見えない。視覚が、脳内が、くるっているのです。

このまま滅亡するんだろうなあと考えています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2018-10-20

National Sports は柔道でしょう

日本の national sports は柔道でしょう。
それか、将棋かもしれませんね。

大相撲は娯楽ビジネスです。
あいつらが「国技」と名乗っているのも虚偽ですし。自称国技って😁
そもそもスポーツではないし。鼻で笑うレベルです。
大相撲は、カネ儲けと、暇つぶしですよ。


柔道はオリンピックにも入っているでしょ。
オリンピックに入ったのは、嘉納治五郎に国際政治力があったからというだけではないですよ。

剣道とともに「格闘技」という扱いもされていますが、柔道は闘いではないです。
スポーツです。
相手を傷つけるのが目的ではないし。武器を用いないし。
剣道や空手や少林寺拳法とかと本質的に異なりますね。

たしかに、柔道とレスリングとは近いですね。
ただ、柔道は技術を高めるものであって、タックルとかマウントとるとかいうレスリングとは異なりますよね。

本来の柔道って、自然法則を最大限に活用する技術なんですよ。
相手から物理エネルギーを利用すれば、容易に技が決まってしまうのですよね。

世界的に柔道が出回り始めてかなりの間は、レスリングと混同してやみくもにタックルをかけてくるような低レベルのものが頻繁でしたが、
いまは世界の柔道のレベルも高まってきていて、
「オール一本勝ち」とか「金メダルで当然」なんていう勘違い野郎もいなくなってくれないと困りますね。
もう、日本の柔道の役割はとっくに、異なるものになったのですよ。
言い換えれば、世界の柔道レベルが高まってきて感激ひとしおですね。

力尽くで投げるなんていうのはやめてほしいですね。
互いに組んでからが重要です。
いかに隙がないようにしかけるか、
しかけられたら、いかに相手の隙をついて返すか。
自然法則を究極にまで追究する技術なんですよ。
だからスポーツです。

喩えば陸上競技は、典型的なスポーツですね。
人体のつくりを追究して、自然法則の粋を目指していますよね。

冬季でいえば、スキーアルペンが典型で花形ですね。
自然法則をいかに最大に活用するかの極地ですね。

しかし、スポーツとはなんたるかの定義がない人々からすれば、スポーツがなんだかわからないわけですから。

現実にどうあがいたって、自然法則は人間より偉いですからね。
ですから、その法則にいかにしたがい、己の間違ったわがままを消すかなんですよ。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ