なんかひとこと

灯油100円。軽油もあんなに高いから経済破綻しているはずなのに、世の中は隠蔽しているでしょ

2018-09-22

堀江貴文と三木谷浩史と孫正義と、エコロジーと宇宙開発の話

雑談

堀江貴文と三木谷浩史と孫正義とをくらべると、堀江貴文が最もまともだと私は思います。
堀江氏とは協力する余地があっても、三木谷氏とは仲良くなるほどではなく、孫正義は顔も合わせられないですね。ちなみにGMOの熊谷は問題外。

孫正義がダメなのははっきりしています。
やれるかどうかわからないことでも大言壮語してハッタリをかまして、多くの人々に迷惑をかけてきましたよね。
しかもその迷惑沙汰を、武勇伝として自慢気に語るんですよ。

ソフトバンクやヤフーは、災害情報とか寄付とかいろいろ努力してはいるのかもしれませんが、例えば電力を無駄遣いすることの免罪符としてやっている、宣伝としてやっているところを感じます。(それはイオンの「木を植えています」と同じで、印象操作でしかなく、実際にやっていることに関してはズレている。)

関わってはいけない人かどうかは、直感で、感覚的にでも、わからないといけないですよ。日本人には、ひとをみる目がない人が多いですけどね。

堀江貴文は、国家権力に潰されたあとはもう、戦後の昭和天皇みたいにものしずかに行動していますが、
「宇宙開発」の推進に関しては、私と結論同旨のところがあるのですよね。

なぜならば、亡くなったホーキング博士も言っていましたが、たとい彼が言わなくとも、このままでは将来に人類は絶滅するからですね。
ほとんどの資源は涸渇します。
だから、資源消費を抜本的に減らすことと、涸渇しない資源を主にすることと、
資源がなくなるよりも早く、地球に依存しないで外で暮らせるようになることが必要不可欠なのですね。
資源が足りなくなっていくにしたがって、地球外に出ていく研究や実験の余裕はなくなります

人類はいままで、覇権争い、戦争の代替として「宇宙開発」をしてきたところが大きいですよね。とりわけ冷戦時代はですね。
そしていまは、ドナルドトランプの米国も、プーチンの露国も、地球外に出ることには乗り気ではなくなってきています。

現状維持、さらにいえば、すべきことを後回しにして見たくないものから目を覆う現実逃避がしたいのでしょうか。

実際には、いまの生活水準と産業構造を維持していては、地球から外に出るまで保ちません
さらにいえば、いまの我々が生きているうちに人類滅亡かもしれませんね。
皆さん危機感が欠如しているのですよね。