なんかひとこと

灯油100円。軽油もあんなに高いから経済破綻しているはずなのに、世の中は隠蔽しているでしょ

2018-10-22

文口

私は、いわゆる聴覚過敏です。
母親もそうでした。
私も母親もトラウマがあって、それで感覚が鋭敏になったのです。

うるさいと、怖いし、気が張り詰めます。だから、痛いし苦しいです。そして、くたびれるし、疲れます。



母親は、せっかく来たコンサートなどでも、途中退場せざるをえなかったりしました。

家の中でも、外の騒音がつらいです。
外出時や、交通機関での移動時もつらいです。

私は幼い頃から自動車に乗るのがつらいし怖いです。うるさいし、臭いし。

私は耳栓を常用して暮らしていますが、
母親はそうでなかったのでさぞかし苦しく痛かったのだろうなあと思います。

人間社会はうるさいので、並の日常生活も妨げられます。


私の父親はケチで、私も母親も迷惑を被ったものでした。
吝嗇です。

おもえば、父親は、単なるエゴイストであるだけではなくて、カネがなくなるのが怖いのでしょう。人間不信で、他人にあげるのを物凄く嫌がります。
怖がりで、強がりでした。
実に、迷惑でした。

もしかすると、カネがなくなるのが怖くなるようなトラウマがあるのかもしれません。

私は、父親とは絶縁しました。


「吝」という漢字はもともと、「惜しむ」という意味です。
文を口に入れる、つまり弔辞を器に入れる斎事を表しています。

それがいつしか、カネを惜しむという意味に用いられることがほとんどになったようです。

私の母親は殺されました。死にました。
私は、母親を弔い惜しみ続けながら一生を終えるのでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ