なんかひとこと

灯油100円。軽油もあんなに高いから経済破綻しているはずなのに、世の中は隠蔽しているでしょ

2018-10-31

国家経済と、教育の公平度は一致していない(国連ニュース)

ユニセフは、国家経済が豊かであっても、教育の平等は必ずしも実現されていないと報告。

"Rich economies not a promise of education equality, new report finds" (UN News)

High national wealth does not guarantee equal access to a quality education, a new report released on Tuesday by the UN Children’s Fund (UNICEF) suggests.

The report advises modifications to early education programs, aid to low income families to reduce socio-economic disparities, and production of more data on the subject via longer, in-depth studies, to improve overall education accessibility and performance.

さて、日本なんかでは典型的に、教育が公平に提供されるのは無理筋ですね。

ひとつは、貧困層が「知恵をつける」と、既得権益が脅かされ、国家社会構造が革まるからですね。

そのための正当化として、またひとつ、カネがある人が優遇されて当然という発想の拝金主義階級差別ですね。



だから、国家経済と教育の公平は一致しない。むしろ、国家経済を優先して同じ利害関係のある人間で群れる(「効率」の)ためには、教育は公平であってはならないのでしょう。



階級差別を抑えるにはむしろ反対に、社会的被迫害層(社会的弱者)いわゆるマイノリティを優遇して「下駄を履かせる」くらいでないと、いけないんですよね。

女や「浪人」の受験者を落とすために操作してきた大学とか、愚かにもほどがあるんですよ。ましてやそれが医大とか、公益意識、プロフェッション意識をかなぐりすてて、自己保身、業界保身ですよねえ。

いやもう、実際、東大とか「現役優遇」ですし。公然の秘密でしょ😂
司法試験が、若いほうが有利なように公然と操作されてきたこととか、いまも法科大学院出ても受験回数と受験年数に制限がある(だから、法科大学院に行かないで予備試験ルートの受験者が多い)こととか、ねえ。

だって、ねえ

迫害をしても、あまり知られないようにしておく、
迫害をしていても、迫害だと気づかれないようにしておく、
それが日本ですから。

公然と迫害をして、居直る国なんですよ。それが日本人の仕様。

 にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ