なんかひとこと

灯油100円。軽油もあんなに高いから経済破綻しているはずなのに、世の中は隠蔽しているでしょ

2018-10-06

【省エネ】WiFiの電力消費の問題

いまどきは、インターネット接続は無線LANだということが多いと思われます。
さらに、貧困・高齢層は、インターネット接続は携帯キャリアのみ(たぶん3.9G/4G LTEでしょうが、もしかすると3G CDMA)ということも多いでしょうけれども。この層はインターネット利用の割合が低く、テレビや新聞に影響されやすい、つまりデマゴーグ(煽動)につられやすいという別の大きな問題があるのですが、ここでは別の話題なので措いておきます。

地震後に「2割節電」って言われたので、私は性能の低いルータを引っ張り出してきて交換しました。
パソコンのWiFiをやめて、有線接続に戻しました。
無線LANは、携帯端末のみで利用で、5GHz帯と2.4GHz帯の両稼働をやめて2.4GHz帯のみにダウングレードしました。
そのことが、電力消費の節減に効果があったものと思います。

無線接続(電波)のほうがおそらく、電力消費が大きいでしょう。
さらに、電波状態がよくないと、通信効率が悪化し、消費電力が増えるものと思われます。

2.4GHz帯は混みすぎ問題があります。
同じチャネルで衝突していると、互いに譲り合うため速度低下します。

また2.4GHz帯は、法規制上は、通信のみならずそもそも一般機器が勝手に利用して構わない周波数帯になっています。
2.4GHz帯だと、屋外でも勝手に置けるので、公衆無線LANも2.4GHz帯です。

5GHz帯は、周波数が高いために通信が速く、また混んでいないことが多いのですが、
そもそも周波数が高いことによる電力消費も別に問題になるかもしれません。

ネットワークケーブルで繋いだほうが、通信は確実で、電力効率が良いと思われます。

さらにいえば、必要がなければルータ機器もやめて、パソコンとONUを直接繋いでしまえばよいわけですけれどね。(2011年震災の頃は、私はやっていました。)

いまの携帯端末の多くは有線LAN接続がないので、ONUに直接繋いでしまえというわけにはいかないのですよね。
かりにUSBケーブルとかで繋げたとしても、繋ぐ相手はONUではないですよね。パソコンなどを経由させることが順当だと思われます。
携帯端末からケーブルで直接PPPoEなどやる人がいたとしたら猛者ですよね、いるか知りませんが。

ちなみに、携帯端末は多くが電池駆動なので、その電力効率や資源効率の低さがまた、大きな問題になります。

そうした点について、そもそも問題として認識されていないことがなおさらまずいと考えられます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ