なんかひとこと

そのうち灯油もなくなって暖房も困難になるわけであり、電力も希少になって冷房も困難になるわけであり、末端から見殺しにして最後に全滅するわけであるから。

ブログの要旨

【重要】結論:せねばならぬこと

資源の無駄遣いを抜本的にやめる (怖れず徹底的に) 人口を減らす (人類を減らす) 地球外移住を進める 以上がこのブログの最大の存在趣旨である。 これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。 石油はあと50年ほどで涸渇する。ほか...

2018-11-25

国家主義とは自虐

日本とは、自虐国家なのです。

国家主義とは、人よりも国家社会のほうが偉いという、階級差別なのです。

私は和人ですが、日本人から差別されています。
なぜならば、日本では使いやすい奴が暮らしていけるからです。

能力が高い者は、既得権益者でなければ排斥されます。
有能な者を生かしておくと、下剋上が起こる、既得権益が奪われる、既成構造が革められるからですね。
例えば「出る杭は打たれる」というのもそういうわけです。有能でも、いうことをきかない人は叩き潰されるのです。

私は和人ですが、迫害を受けています。社会保障もないですし。

和人は「日本国」の支配民族であるはずですが、
つまりは、和人も「日本国」の家畜なのですよ。

ましてや沖縄人やアイヌも迫害を受けています。差別をされています。
しかしそもそも「日本国」の既成構造では差別されているのが日常ですから、「ここにもいまも差別があります!」という自覚なんて日本人はもたないのですね。

日本国民は、日本国家の家畜なのですよ。

つまり、日本人という国家主義者は、まさに、自虐人間です。
「自虐史観」だのと言って文句をたれる「保守」こそがまさに自虐人間なのです。
国家の家畜にみずから成り下がる自虐人間なのです。

闘わねばなりません。
誇りのために。
そもそも、闘わないと消されます。そもそも死ぬしかなくなってしまいますから。
いやでも闘わされます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ