なんかひとこと

灯油100円。軽油もあんなに高いから経済破綻しているはずなのに、世の中は隠蔽しているでしょ

2018-10-12

慣習に取り憑かれる強迫神経症の人々

身体を洗う話

例えば、毎晩湯に浸かる人もいれば、毎朝シャワーという人もいます。
それぞれに利点と欠点があります。
一日のよごれを毎晩洗い流して寝るのがよいという発想もあれば、外出時に身体を清潔にして出たいという発想もあります。

それを、取り憑かれて、毎晩湯に浸からないと気が済まないというところにくると、強迫神経質の域に入り始めています。

世界中をみまわせば、そもそも湯で身体を洗わない人もいます。
暑ければ、汗をかくので、水で洗い流すとかなり落ちます。
石鹸がないと衛生面で厳しくなりますが、石鹸を用いる習慣のない人もいます。(そうした地域では、かりに何かあるとパンデミックになります。)

湯に浸かるのは、
湯が用意可能だからということと、
ある程度寒い地域だから身体を温めるということがあります。
沖縄に行けば毎日シャワーでも済みます。

湯が潤沢でなければ、身体の温め方も変えねばなりません。
だから、サウナがあります。

もともとは、風土によって合理的な選択をしています。そうした適応(進化)の結果です。

ところが、毎晩湯に浸かる生活でないと堪えられなくなったら、
それは、合理性を無視し、思考を放棄して、取り憑かれている、
強迫観念、強迫神経質になってきています。

どっちが正しいかという問題ではない

身体を洗う習慣に、どれが絶対的に正しい、ということはありません。

ただ、風土や生活環境に、適応した結果として、さまざまな習慣があります。

ダイヴァーシティです。diversity; 相異性

2018-10-11

自死するということ

日本は、自死率の高い国です。

死ぬ原因なんて、単純で、単純ではありません。

単純なのは、社会が、人を、殺しているということ。
人間が互いに押しのけ押しのけするから、しわ寄せのいった人が、死ぬ。殺されるということ。
日本は同化圧力が物凄く、抑圧的な国だから、押し付けられる人に集中します。

単純ではないのは、本人(「当事者」)の状況で、
こんなに色々と押し付けられたら当然に、ごちゃごちゃでわけがわからなくなっています。
いじめ、過労、ストレス、アルコール、不眠、衣服、衛生状態、健康状態、対人関係、娯楽、金銭状況、向精神薬、(以下略)
がんじがらめです。本人がもう、自分でもわけがわからなくなっています。
死ぬ具体的な原因は、がんじがらめです。

死んだ人に、「たられば」はありえません。
「死ぬくらいなら」なんてきわめてナンセンスです。

「自殺するな」と言おうが、ましてや、「死にたければ死ね」では解決するわけがなく、

押し合いへし合い、押し付けて殺す社会自体を革新せねばならないのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

【述懐】努力するたびに酷くなった

何も悪いことをしなくとも、虐待は受けるし、イジメられるし、迫害を受けます。
なにせそもそも、生まれからして同一ではないのですから、
何も悪いことをしていなければイジメられないのであれば、部落差別もなかったでしょう。

わざわざ「赤毛のアン」なんて話をもちだすように、髪の色でもイジメられるのですから。
ましてや皮膚の色でイジメられますし、ジェンダーで差別されますから。
耳の大きさや、声の高さでさえも、イジメの原因になりますから。

「イジメられるほうも悪い」ということは今まで執拗に言われましたが、
染色体が悪いからイジメられるほうも悪いとでもいいたいのでしょうね。

恵まれていて、たまたま周囲に同化して、周囲に都合のいい存在でいられれば、「イジメられるほうも悪い」とか言うんでしょう。


だいたい、「イジメられるほうも悪い」と言う人は、
「悪い」の概念がわからない、頭の悪い人です。

原因が何かということと、被害者に責任があるかということは、全くの別問題です。
「イジメの原因はあんたの髪の色が赤いからだ」は単なる事実で、また言い換えれば、周囲の奴らが赤毛ではないからです。
けれども、「あんたが赤毛なことに責任がある」とはなりません。


よその国もそうかもしれませんが、日本は異常に同化圧力が高く、抑圧的な国です。どうかしています。

染色体や、出身門地で迫害を受けるのですから、
生命が生まれた時点で、母体から産まれる前から、イジメられる要因があるということです。


私は、産まれる前から逆境でした。
染色体もそうですが、親類家庭環境もひどかったので、産まれる前から闘いは始まっていました。
産まれたくなかったですが、自分の意思でなくとも親や医師の意思で産まれてしまいますからね。

生きてしまっているからには、生き抜かねばならなくなります。もしくは死ぬかですから。

そうして、こんな国のこんな環境でも存在するために、針の穴を通すような、むしろそれ以上に困難な途をすり抜けてきて、ここまで在ります。
サバイバルです。スパルタです。

社会に入っていこうと努力すれば、迫害を受け、余計に自分がズタズタになり容態が悪化してきました。
幼少期でも家庭にいれば虐待を受け、
学校にいればイジメられ、デマを流されたり、盗まれたり、ときにはボコボコにされたり。
世間の会社に就職すれば、毎日ハラスメントを受け、業務をおしつけられ、なにせ、入社してみたら初めて立場がわかりましたが、本社内の各部署がやりたくない業務が集まってくる部門の部のグループの、ヒラ、ですから。イジメられ役ですねー

休日に出かければ、そんなプライベートでも、危険な奴にからまれてストーキングされたりしましたし。

親類も敵ですし、
人間関係を全て切り捨てないと、いま生きていなかったでしょう。

ヒトは社会的な生き物で、"I need people." なのでしょうが、
かといって関わった人がことごとく敵にまわるような社会です。
だから anonymous で、要は「私が誰か」が問われないところや関係でないと生きていけない。例えば、大手フランチャイズのコンビニだとどの店に行っても、外見がどうであっても、必要最低限のサービスレベルがマニュアルで保証されているように。

実際には、私だけではなくて、
日本人のいくらかの割合が、程度の差こそあれ、私と同じような経験と、生活を、過ごしているのだろうな、と思います。
つまり、抑圧と迫害の日本を。

真剣に生きてきました。
異常なまでの努力が要求されましたし、自力でなんとかしないといけない人生です。
他人がしない苦労をしていますし、
世の中がこんなでなかったらしなくていい、ムダな苦労です。

生産性の低い国です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへにほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へにほんブログ村 哲学・思想ブログへ

2018-10-10

【他ブログ記事】中学校が避難訓練でトランスジェンダーの生徒締め出す(バージニア州)

「中学校が避難訓練でトランスジェンダーの生徒締め出す 米バージニア州」(石壁に百合の花咲く)
バージニア州スタッフォード郡のある中学校では、このような訓練をするにあたり、体育の授業中の子供たちは一番近くのトイレかロッカールームに避難することになっていました。ところがいざ訓練が始まると、あるトランスジェンダーの生徒は男子のロッカールームにも女子のロッカールームにも入れてもらえず、大人たちは彼女をどちらのロッカールームに入れておくのが「他の生徒たちにとって」もっとも安全かについて議論し始めたんだそうです。

実際の事件だったら、どこでもいいから逃げて立てこもれって話でしょ。
そもそも、
どっちかを選ばなくたって、逃げ込んだ生徒同士では事件なぞ起こるものか
って話でしょ。

訓練だとか有事だとかの話ではないですよ。
私の人生経験からすれば、
人生まるごとずっと、
どっちからも疎外されて、
生き延びるためには
一人で立てこもらないといけない
んですよ。これが現実。実際に起こっていること。

そうして生きてきた。
そうしないと死んでいたよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

日本社会のほうが、貧困を量産し、社会保障費を増やしているという話

先日にも書いたとおり、
日本国こそが、いわゆるLGBTなどの、セクシュアルマイノリティ(性の面で社会的に迫害を受けている層)の生産性を奪っている
という現実があります。

例えば、同性婚が禁止されていること、トランスジェンダーな人は就職をほとんど拒絶されることなどが挙げられます。

社会から疎外して、のけものにして、日常生活から存在自体すら消し去って、
迫害を受けるほうも生き抜くためには社会から目立たない、居ないように暮らさないといけない、そういう社会的常態です。

ところで私も、就労不能者だということも書いたとおり、
似たような方面なら判る人はいるでしょうが、
年金証書が出ている人です。

ちなみに、省庁などが障害者雇用割合を水増ししてきて、最近バレて騒動になったことがありましたが、
本来そこにカウント可能なのは、「手帳」(障がいの種類により名称は異なる)が出ているか資格のある医師の診断が出ているか、という話ですが、
それは概ね、年金証書が出ている(厚労省、年金機構(社保庁)から障害認定を受けている)というのと同じ意味です。「手帳」は市町村に行って請求したら出るものなので、障がいの認定があっても「手帳」をもっていない人も普通にいます。だから、「手帳」をもっていない「障害者」も普通にいて、資格のある医師の診断書があるなどという「手帳」をもっていない人前提の条件も言えるわけです。
それで、周りがなんとかすれば就労可能な「障害者」というのは概ね、3級の障がいでしょう。就労不能というのは2級や1級が相当します。

3級の障がいだと、社会がちゃんとすれば、収入を得ること自体は概ね可能です。
ただ、そこらの人々ほど稼げるわけではないので、まともに暮らすには障害年金が必要だということもいえます。

つまり、「障害者」を雇用するのを嫌がる日本社会では、社会保障費は増大して当然です。
実際問題、こんな少ない年金額だけでまともに生きていくのは無理なんじゃないかと。
社会から疎外されたら、どうすれば生き抜けるのか?

さて、いまのような日本国、日本社会、日本人からすると、
「働かないくせにカネもらいやがって」
という話になっています。

けれども、私は、産まれる前からいままでずっと虐待を、イジメを、ハラスメントを、
迫害を受けてきて、ここまできました。
客観的現実として、私個人のせいではありません。

けれども、自己中心的で独善的なエゴイスト、典型的な日本人からすると、
「自分のせいかどうか」とか、「俺はこんなに働いているのに」とかいう、自己中心的で幼稚な発想でものごとを考えようとします。

それで話をもどすと、
例えばセクマイから、結婚や職を奪っている日本社会の現実のもとでは、
そもそも無理です。
そのうえ、そうやって迫害を受け続けて容態が酷くなるほど、なおさら無理です。

日本国は、日本社会は、人を使い潰す、国家主義、軍国主義的なところです。
例えば、「会社人間」で「定年」まで奉公して使い潰されて、ボロボロになって、「老後」を迎える。心身ボロボロなんで、もう稼げなくなってしまう。まるでベトナム戦争やイラク戦争の帰還兵みたいになってしまう。

絶叫使い潰され中の人間からすると、「おれはこんなにはたらいているのに」という、「お前も使い潰されろ」の発想に陥るのでしょう。
いわゆる「残念な人」です。
「俺はこんなにイジメられたから、おまえもイジメられろ」の国です。

最終的には、そうやってしわ寄せをされ、末端が死にます。
同化をして、目立たないようになって、同化が不可能な人が疎外され死にます。
日本人は、疎外されまいと必死で、同化します。

ともかく、いまや厚生年金ですらそんなに高額ではなくなっているでしょうが、
ましてや給与所得者でなかった例えば自営業のような層は、「国民年金」だけ出て、あとは自分の貯蓄でなんとかしろというシステムです。

ところが、バブル崩壊以降はなおさらに、貯蓄なんてまともにない人が多いです。

他方で、何年生き続けられるかわからないし、心身に何が起こるかわかりません。さらには災害も起こるし、実際には今後ますます増えてくるでしょう。
それで、反対に、驚くほど貯め込んでいる人もいます。それで、「特殊詐欺」なんかで騙されて、被害額が報道されたりした際には、我々はビックリします。
「タンス預金」にいちゃもんつけられますが、残念ながら、タンス預金でもしないといけないような国です。
たといタンス預金でなくて銀行とかに入れたとしても、それは「カードローン」とかいうサラ金(無担保金融)とか、スルガ銀行みたいにおかしな投機にぶち込まれるような、それが日本社会です。

社会構造自体が失敗しているのです。

高齢者であっても、普通に暮らして社会的に活動したら、それで報酬が出れば、有所得者にだってなれるかもしれません。
しかし、実際には、社会から切り離されていることが多いです。
その収入のハードルが異常に高く、払う側が払いたがらないし、
結局は、払えない、構造的な破綻国家です。
報酬が出れば経済が成り立つことであっても、ケチってボランティアに貶してしまいます

無理です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ 

2018-10-09

生きている人はみな、生存欲求で行動する

言い換えれば、損得勘定。

反対に、生き延びることを本能的にすら選び取っていない人は、すでに死んでいるはずですから。

他人からみたり、客観的にみたりすると、不合理な行動を採っているようにみえる人は多くありますよね。

けれど必ず、特異な状況下だからとか、過去の原体験があるからとか、いう理由があるはずなのです。(好き嫌いにせよ、トラウマによる恐怖にせよ。)
だから、虐待を受けているのに加虐者を庇うとか、差別を受けているのに加害者におもねるとかいった現象が起こります。
わざわざ虐待親を庇う子のほうが普通ですし、権力者にけちょんけちょんに搾取されてもなお国家構造に従属する人のほうが多いです。

既成状態、既得権益を維持したいと思うのが一般的なのです。
「もっている」と思うと、失うのが怖くなるのです。
いま生きている状態を、今後も存続したいわけです。

それで、たとい社会的強者になって権力を握ったとしても、失うのが怖い人は、抵抗者を徹底的に叩き潰し、異論を封殺しないと気が済まなくなる人さえいるのです。

言い換えれば、強者のくせに、他人を隷従させねば気が済まない人、いわゆる「マウント」をとらない(マウンティングをしない)と気が済まない人。

日本は、既得権益を死守して生活レベルを維持向上させないと気が済まない、地位や生活レベルが下がるのが怖いわけでしょうし。(実際には、中国や韓国をはじめ、他国にばんばん追いつかれたり抜かれたりしていますが、その事実が怖くて認められずに現実逃避しているのでしょう。)
で、アフリカに行って、いわば「札束で頬を叩いて」、他国を従属させて廻ったわけですよね。
それがアベ日本。

だからといって、民主党系や社民党や共産党も、ポリコレだとか単なるお人好しなのではないのです。結局は、世の中をよくして、自分達社会が成長したいのです。
ただ、自民党が現実逃避野郎で、公明党は自民党の合従に飲み込まれて政策実現をしないと生き残れない(創価学会が敗北する)ということです。

人というのは、生存欲求の異常な生物です。
ひどく利己的な生物です。

私だって、こうやってお話しし、地球のために務めることで、地球や人類の生存になるから、要は人間のためになるから言っているわけですし、
こうしてお話しすることに自己の存在意義を見いだしているということが明らかにあります。
言い換えれば、そうしないと私は死ぬから、こうして書いているのです。

所詮はヒトというのはそういうもので、そのことを自己洞察しているか否かの差にすぎません。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ

2018-10-08

【私事】衣類脱水機を導入した!

先日、衣類の脱水専用機を購入しました。

洗濯機ではありません。
脱水専用機です。

うちには洗濯機がありません。洗濯機置場がありません。
乾燥機もありません。冬は除湿機で乾かします。

洗濯機置場を新設することも検討はしましたが、その空間を用意するのがそもそも難しいと思いました。
コンロ台をなくせば洗濯機を置けるのですが、ガスコンロがないと困ります。そもそもうちには湯沸器がありません。給湯器どころか瞬間湯沸器もないので、ガスコンロで沸かします。

これが私にとっての日常、普通になっていることです。
日本人からは「普通ではない」と思うかもしれません、日本人は贅沢です。
世界ではたかがこんな私よりも苛酷な暮らしをしている人が圧倒的に多いでしょう。

洗濯機や乾燥機のエネルギーコストも困ります。なるだけ使いたくありません。資源が勿体ないです。
しかし、この寒冷豪雪地帯では、冬は干してもまともに乾きません。ましてや外に干したら凍ります。普通です。

ドラム式洗濯機という怠惰と贅沢

近頃の日本人には、ドラム式衣類洗濯乾燥機などという物凄い贅沢品が出回り始めているようですよね。
なぜドラム式なのか? それは結局は、衣類乾燥がドラム式だから。
縦型洗濯機は衣類をこすり合わせて洗うという発想でしたが、ドラム式は叩きつけるという発想で、それでも洗えます。
ただ、ドラム式洗濯機は、脱水のことを軽視している!
脱水が不十分で乾燥に入ったときのエネルギーコストを考えると、最悪。かといって脱水を「根性でどうにかする」というのでは脱水のエネルギーコストが悪いでしょ。

それならば、洗濯機と乾燥機を分けるか、脱水機だけ別にするか、が正しい

うちは手洗いだけどね

私は、古来どおりの、手洗いです。

困るのは脱水です。
絞るのを繰り返すうちに、衣類が傷みます。

本来は、洗濯を繰り返すと傷む、それが普通なんですよね。

日本人の多くは、電動で洗濯脱水をやるようになりましたから、頻繁に洗濯しても、実際には衣類がほとんど傷まないんですよね。

うちは、衣類が、タオルが、穴だらけですよ。
それが普通です。世界の普通。

だがさすがに、冬に水を滴らせながら除湿機で乾燥させるというのは、衛生的にも、電力コスト的にも、よくない
ので、衣類脱水機を導入して、今冬はこれで闘うつもりです。

毎年毎年、「この冬は生き延びられるのかな」と思いながら、こちらでは暮らしています
日本人の多くには、それがわからないでしょう。

いまも、札幌の一部地域では、地震による「液状化現象」で地盤崩壊して傷んだ家屋が何軒もあるようですが、
その多くは、行政の補助は「一部損壊」という認定で、地震保険に入っていたとしてももちろん保険金額は少なくなります。
豪雪地帯でなければそれでもなんとかなる程度なのでしょうが、たっぷり積雪するので戦々恐々です。だから、不服申立てが頻発しているそうです。
「すこし傷んだくらいなんだから一部損壊だろ、文句言うな」と多くの日本人は思うでしょうが、当事者は命懸けなところが大いにあります。
贅沢な日本人にはそれがわからない。

本来は、風土は苛酷です。
けれど、日本人の多くが「温室育ち」で贅沢をしているだけなのですよ。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ