なんかひとこと

日本人は、会話が成りたっていないし、漢字の意味もわからないし、現実が見えていない「温室」(仮想空間)暮らし。

ブログの要旨

【重要】結論:せねばならぬこと

資源の無駄遣いを抜本的にやめる (怖れず徹底的に) 人口を減らす (人類を減らす) 地球外移住を進める 以上がこのブログの最大の存在趣旨である。 これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。 石油はあと50年ほどで涸渇する。ほか...

2018-12-24

【Guardian】「サンタクロース」の地でも気候変動が物凄いことに

"Father Christmas’s winter wonderland homes are hotting up" (The Guardian)

という話。
まあ、サンタクロースとかいうの自体は、変遷した「都市伝説」ですが。
(そもそも、 Jesus の出産日も不明である。)

クリスマスは、冬至祭。

服装が紅白なのはコカ・コーラの宣伝だというのはいうまでもない。
日本人にとって、サンタクロースとかいうのは、布袋か大黒天かなんかみたいなものなのでしょう。
そんなことはどうでもいいわけで、

気候変動は天罰。
天罰は個人を選ばぬし、災害は誰にも降りかかる。天の業わきゆえ。
大宇宙の真理原則には逆らえぬのです。ヒトは大宇宙の一部だから。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

どうして日本国民は天皇に謝れないのだろう?

天皇は、自らの人生を棄てて、既成の国家社会機構と、父の罪責を背負って生きさせられたのです。
残虐です。

人の尊厳(たましい)を破壊しています。罪です。

なにせ、生まれた時点で既に、皇位継承者としての宿命を負わされてきたのですから。
ですから、天皇を退職してはじめて、かの人生は始まるのです。
いまさら。いまさら……

その罪悪の自覚すらないのが日本人です。
実に極悪人です。

天皇とは、国家機関であると言うた者もおりましたが、要は、職業です。
しかも、世襲制の職業で、職業選択は禁止されております。
いわゆる「違憲」です。法令などは、後にある条項のほうが特別法、個別条項であるということになりますから、天皇制は「違憲」です。

天皇制は、真の神道からみても罪です。尊厳(たましい)の毀棄ですからね。

その罪悪の自覚がないのが日本人でありますれば、治る可能性もないのでしょう。


さて、戦争の時代でした。
国家間戦争が公式に行われる以前に退職すれば、「平成」は、公式には日本国が、戦争をしなかった時代である、という屁理屈にはなります。
実際には、日本は、戦争に対して、カネも、兵器の原材料や燃料も、沢山投資しております。
また、貧困、差別、迫害、飢餓が絶えない日本は、戦争状態の国であることは依然としております。
即ち、日本は戦時中です。

それを、戦争をしていないとのたもうておるのは、いわゆる「平和ボケ」、つまり無関心、自分さえよければいいという感覚なのであります。


いまの天皇は、「沖縄の人々」と謂うて、「沖縄県民」とは謂わない。
また、むしろ小さな島のほうに訪れる。世間では「地方」とか「離島」とかいうて侮蔑され差別されておるところに、求めて訪れる。
反差別であります。

ですが、その天皇の意思も汲み取れないような、日本人は疾患者であります。

「戦争をやるな」という明確な、最後の手段である意思表示が、天皇退職でありました。

悪質団体の所属員として犯罪に手を貸したくなければ、辞めるしかない
権限や権力のない立場にあれば、それが最後の手段でしょう。
いわゆる「ブラック企業」の悪の片棒を担ぎたくなければ、辞める以外に、従業員(「社員」)の選択肢はないのでありますから。

この、連鎖していく世襲制の奴隷制を、日本人は未だに断ち切る気がないのでしょう。
極悪非道であります。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2018-12-23

クジラ喰うのに固執する異常性

鯨の肉を喰っていたのは、江戸徳川時代の慣習です。伝統ではありません。

昔は、鯨を喰っていた民族というのは多くはなく、
そもそも鯨を獲ること自体が容易ではありません。
イルカを喰う某町でも、沿岸に来たイルカを追込み漁で獲るようですから、
鯨とて容易には獲れません。


鯨を喰えばいいという迷信が普及したのは、
陸棲動物を喰うのは肉食(ニクジキ)だが、水棲動物ならば魚と同じだろうという屁理屈です。

ちなみに、四つ足は喰うなといって、鶏を喰うのも、やはり屁理屈です。
それとても、鳥を喰うと言ったらタブーなので、鶏肉を「かしわ」と呼ぶこともあります。


そもそも、魚肉を含め、肉を喰うこと自体が、世界人口や日本人口が異常に多いため、地球環境、生態系の破壊です。


かつてシャカブッダが無益な殺生を戒めたのも、
ヒトが多すぎるので、ヒトが横暴をすれば世界が壊れるからです。

物を貪らず、よって棄てる物を減らせという、
つまり、物を大切にせよというのも、同様の理由です。

日本人は、国外からをも物を無駄に多く調達し、日々棄てています。
例えば、食べ物を多く注文し、多くの食べ残しや廃棄物を発生させています。(宴会で酒池肉林にしたがるのは中国文化、儒教階級差別文化。)
例えば、小売店も、売り切れをなくすため、廃棄が出ても売上が増えればいいということで、無駄に多く発注をします。
日本人は、いわゆる「環境破壊」を国外に対してさえも輸出しておるのです。

こうした日本人の行動は、仏教や神道にも反するものです。
真なる仏教や真なる神道の粋は、
地球一体、宇宙一如であり、
自己の固定実体性の否定、生態系、エコシステム、循環、「流れ」ということにあります。

日本人は邪悪です。
そして、こうして地球を穢し続けているのですから、罰が当たるのですし、
これからますます悲惨なことが増えていくでしょう。資源の涸渇と、気候変動もそうです。

なぜならば、地球は一体、宇宙は一如なのですから、
他者を傷つけることは、自己を傷つけるととと同値(同義)です。


鯨をわざわざ獲りたがるのは、捕鯨産業があるからなのでしょう。
実際には、鯨肉なんて不味いものを喰う人はもう、とても少ないでしょう。珍味、漢方薬の類ですよね。迷信。
要は、カネが目当てなんですよ(要はカネ目)。

鯨とか牛とか喰っているくらいだったら、増えすぎている「エゾシカ」(もしり鹿)を喰いなさい。増えすぎて生態系崩壊しているから。

同様に、杉を植えすぎて植生、生態系が崩壊している日本ですから、杉を消費して、もう要らないのならば植生を治さないといけない。

日本人はエゴイストで、カルトで洗脳されていて解けない、呪われし人々です。
害悪。地球に対する犯罪者。
鯨に固執するなんて些末なこと。たかが一例にすぎないのです。
そしてその些事にも、日本人の邪悪が宿るわけです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2018-12-22

更新が滞って御免なさい(地球に)

更新が滞っており、申し訳ありません。

貧困で飢餓で凍えて気力が出ず、身体も洗えないで暮らしていますが、
多少なりとも、食って、暖房はかけているのに、
地球のため、宇宙のため、人々を直すべく書かねばならぬのに、
滞っており、タダ飯喰らいの不労所得で御免なさい。
天神地祇(宇宙と地球)に謝らねばなりません。
申し訳ありません。

起きていると暖房の熱量消費がかさんでしまい、地球には御迷惑がかかるので、
なるだけ寝ようとも思うのですが、
そもそも一日の半分くらい寝なければ生きていけない心身ゆえ、
起きている間に、自身のこと、身の周りのこと、買い物などしておりますと、書く(はたらく)時間が失うなりますゆえ、申し訳ありません。

鋭意活動していき所存ではあります。

ブログのダッシュボードを見たり、書いたりするたびに、
迫害のトラウマが蘇りますゆえ、これを振り払いながら勢いよく走らねばなりますまい。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2018-12-15

日本人とは、治らない疾患

寒いし飢えるし衛生状態もよくないので、心身の容態もよくなく、気力も体力も落ちています。
もともと、一日で寝なければならない時間のほうが長いので執筆の余裕が少ないのですが、冬は寒いのでなおさらに、エネルギー消費を減らすためには活動時間が短くなります。

率直に言って何を云っても無駄なことが判っていることを、云い続けなければならないのですから、辛いことです。
云っても伝わらないのですから。

日々皆さんが悪業を積み重ねているので、私は日々痛くて苦しくて辛いです。
自動車は無駄に走っているし、肉や魚や白米を信奉していて食いまくって地球を穢しています。
身体にも悪しく、地球にも害です。
それでもなぜやめないかといえば、カネが目当てで、日本社会はやめさせないからですし、日本人はわがままだからですし、同じパターンを続けるしかない無能の壊れた脳内だからでしょう。

日本人は、権力や権威や同化圧力やカネで呑まれないと、聴かないし、思考能力もないで、洗脳もされていて、情報統制も行き届いているのですから、予めプログラミングされた機械と同じように、日々同じ脳内で同じ行動をするようになっております。
だから、云っても無駄でしょう。
Englishどころか、母語(であるはずのもの)についてすら言語能力が欠けていて、言うこと書くことがメチャクチャで、日本社会では会話が成立していません。

どうやったって治らないでしょう。
生まれ育ちが悪しくあるのですから。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2018-12-07

【重要】結論:せねばならぬこと


  • 資源の無駄遣いを抜本的にやめる
    (怖れず徹底的に)
  • 人口を減らす
    (人類を減らす)
  • 地球外移住を進める

以上がこのブログの最大の存在趣旨である。
これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。


石油はあと50年ほどで涸渇する。ほかの化石燃料も次いで涸渇する。核燃料も涸渇する。
石油が涸渇するから、石炭や天然ガスや核燃料で発電することを進めているが、いずれすぐ涸渇するので意味がない。

資源が涸渇する以前にも既に、この世は地獄の様相になるだろう。
資源が涸渇するから、各国は覇権争いを進めている。軍事力で脅して利権を確保する、既得権益を確保するのに必死だ。ドナルドもアベも、プーチンも中共も典型である。

しかし、いずれ失くなるものを奪い合いしたところで、失くなる。
よって無駄な足掻きである。
戦争をして殺し合いをして、口減らしにはなるかもしれない。
むしろ人類がそれで滅亡したら解決するのだろう。

滅亡したくなければ、生き延びたければ、資源の消費を減らし、継続可能性のある生活水準と社会構造を実現することである。

人口は未だに増大しているが、生きていくだけでも資源の消費が必要であるから、資源消費は増え、継続可能性がない。

資源消費が多いままだと、地球のほうは気候変動もさらに進み、ヒトは生きていけない状況になる。
それでも生き延びるためには、冷暖房や災害防護などにさらなる資源を要するから、ますます無理になる。

あとに残るのは、化石燃料を燃やしたことによる壊れた大気と、放射性廃棄物の山である。
宇宙戦艦ヤマトと異なり、実際にはコスモクリーナーをくれる人はいない。


それが判っていてまじめに努力して生きても、
人類の継続可能性は完全には実現しないであろうから、地球外移住を検討していかねばならない。エクソダスである。

そして、地球外移住を実現するためにも、資源を涸渇させてはならない。
燃料や原材料を用意不能になったら、地球から出られなくなる。


こうした簡単なことを、皆さんは理解どころか認識すらしていない。
皆さんは情報統制を受けている。情報操作をされている。皆さんは仮想世界に暮らしているのである。

日本は滅ばねばならない。政体を革めねばならない。
私が統治したほうがよっぽどマシなくらいである。

反対に、もしも皆さんが直ってまじめに生きるようになって先行きが確保されれば、私は無理に生きている必要がないから、早速、口減らしのために死ぬつもりである。

だが、私の代わりがいない現状では、私は無理して生かされ、生き地獄のなかにあるのである。

しんどい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2018-12-04

生きづらいのではなく、いない

地球の状況も、社会の状況も、昔よりもどんどん悪化していて、
だから私の容態も悪化していて、
いくら私が善いことをしても努めても、皆さんのせいで台無しになり、
みなさんが悪業を続けるからなおさらに私は皆さんの分だけわずかでも努めなければならず、
決して穏やかにはならず、むしろ死ぬより痛く辛く苦しい日々を過ごしている。

私は日本人から迫害されている。
皆さんと異なるから。特別な人だから。フツーではないから。
特別な人で、日本人とは同化しえないから。
そもそも私は生まれたくなかった。それなのに引きずり出された。
産まれてから今までずっと、痛いし苦しいし辛い。皆さんが悪業を続けるから。
日本人が極悪だから。人類が自己中心的でわがままだから。
しんどい。それに衣食住も全く足りず、衛生保健状態も悪しく、社会保障はなく、年金も生活保護もない。私には出ないから。日本と称する反倫理的勢力はそんな本性。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2018-12-01

痛みがわからない皆さん

皆さんは、痛みがわからないようですね。

私は生まれてこのかた、痛くて痛くて辛いのですが。
云っても皆さんにはわからないようです。

そしてむしろ、私が痛がるのを嬉しがって、私を迫害し痛めつけていますからね。
そうやって、親類にも虐待されましたし、学校に通わされてそこでも虐待されましたし、職場でもそうでしたし、国家社会自体が私を今もこうして迫害していますから。

日本人には痛覚がないので、云っても無駄でしょうね。
なにせこうして日々、日常的に地球を毀し続けても平然として、住環境を毀しても平然とし、他人にも迷惑を掛けても平然とし、ヘラヘラとわがままに当たり散らして暮らしていますね。

私は昔から、実際に、痛くて痛くてしようがないのですが、云っても誰にも通じないのです。
親類にも、自称医者にめ、云っても通じないのです。むしろ虐待を受けるのです。無駄です。

このままだとそのうち私は餓死か凍死かしそうなのですが、死にざまはいずれにせよ死期が見えています。
私がどんなに善いことをしても、皆さんは報酬を出しません。わざとですね。
日本とかいうところでは、私には生存保障すらありません。保健衛生状態もきわめてよくありません。

こんなに痛くて苦しいので、尊厳死は昔からずっとしたいのですが、死なせてくれないのですね。
云っても誰にもわからない、話が成りたたない、言語が通じないのに、叫び続けるしかないのです。
私はおそらく、救世のために無理に生かされているのですね。私が言わないと宇宙も皆さんも助からないから。もっとも、云ってもわからない皆さんは助かる気がないのでしょうけれども。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ