なんかひとこと

日本人は脳が壊れているのであろう(所見)

ブログの要旨

【重要】結論:せねばならぬこと

資源の無駄遣いを抜本的にやめる (怖れず徹底的に) 人口を減らす (人類を減らす) 地球外移住を進める 以上がこのブログの最大の存在趣旨である。 これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。 石油はあと50年ほどで涸渇する。ほか...

2019-01-06

現実から逃げないことは、創造。悲観とはかぎらない

Positive act による効果の話。
いわゆる、嬉しいから笑うのではなく、笑うから嬉しいのだ、という話

Happiness, love, confidence: Can you act your way to a better life? (CBC.ca)

 Let’s be clear. In many cases, “faking it till you make it” can be a total disaster. Research and common sense show that it can backfire horribly and we certainly hope that airline pilots, crane operators and surgeons are not faking it.
But we’re not talking about that here. This “fake it” represents the subtle art of leading with a smile, putting your best foot forward, looking on the bright side, puffing up your chest, keeping your chin up. 
では、どうあるべきなのか?

つまり、現実をしっかり見据えて逃げない
そして、その現実に対して、創造的な対応策を考え為す

いまのアベなどの日本人は、現実から逃げています。
USのドナルドもやはり、逃げて、失うことを怖れ、強がって偉そうにしています。
卑しいです。
が、それだけではなく、そもそも現実逃避してやり過ごせる事態ではありません。

資源は失くなるんだ、人は多過ぎるんだ、などなど、私はずっと宣っています。

日本人は、現実から逃げています。
夏休みの宿題が2学期に間に合わないパターンです。

夏休みの宿題が完成しなくとも、死にも滅びもしません。

しかし、資源涸渇と地球環境崩壊は、死にも滅びもします

現実は待ってくれないし、逃げていてやり過ごせるものではありません。
山中でヒグマを見かけたから隠れてやり過ごすとかいう問題ではありません。

ましてや、人類は資源を無駄遣いし、事態をさらに悪化させている最中ですよね。
やり過ごすどころのレベルではありませんよね。

私はこうして、生命力も電力も消費してこれを書いていますが、
無駄に遣わないように皆を啓蒙するためだから、こうしてエネルギー消費をすることが許されるのです。

生き方そのものの問題、ひととしてのありやうの問題です。

現実から逃げないからこそ、
現実と付き合うからこそ、
将来を創造することが可能になるのです。
現実から逃げるのは滅びの途です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ