なんかひとこと

日本人は、会話が成りたっていないし、漢字の意味もわからないし、現実が見えていない「温室」(仮想空間)暮らし。

ブログの要旨

【重要】結論:せねばならぬこと

資源の無駄遣いを抜本的にやめる (怖れず徹底的に) 人口を減らす (人類を減らす) 地球外移住を進める 以上がこのブログの最大の存在趣旨である。 これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。 石油はあと50年ほどで涸渇する。ほか...

2019-03-18

壊れゆく人々

気候変動や大気汚染など、「環境」は壊れる(毀している)ことは認識していても、
多くの人はなぜか、自分自身が壊れることを認識していない
自分のことを棚に上げるエゴイスティックな習性なのだろう。

日本人に「認知症」は多い。
「認知症」の原因が単なる加齢だと思っている人が多いだろうが、
大気汚染や、酒やタバコのような薬物、食品汚染や水質汚染など所謂「環境ホルモン」なども「認知症」の原因であると考えられる。

いうまでもなく、問題は高齢者の「認知症」どころではない。

日本人は、会話が成りたたない、言語が通じない域にある。
まともなことばをもたない。漢字の字義も判らない人々。
意思疎通が成りたたない。
文章が読めない。話が通じない。


年齢が高ければつまり、身体がより汚染されている、傷ついて壊れている、ということは一般的にはいえる。
しかし、年齢が高くなければ身体が壊れていない、ということではない。

現代人は、若くとも、幼くとも、心身が壊れてきている、さらに言えば最初から壊れている(形成されていない)という状況になっているとまでいえる。
例えばアレルギー体質も遺伝することが多いわけであり、親から不調を遺伝的に引き継いだり、胎児期に受けた影響で体質不全だったりということがある。現代では普通に起こっているだろう。


世界的にみると現在でも、大気汚染で人が多く死ぬレベルになっている。

さらに将来は、生活環境がなお悪化することが予測される。
そうするとつまり、

我々人類、
いま生きている者も、これから生まれる子孫も、
自分自身がさらに壊れていく

ということだ。

そうして心身が壊れていると、
医療の面でも問題があるが、
意思疎通もなおさら成りたたなくなる
つまりいわゆる
「社会の分断」がますます酷くなる
ということだ。

また、政治や社会設計、機械やプログラムも間違え、直せないということがさらに増えてくるだろう。

例えば今でも、自動車のAT(automatic transmission)車は、旧来のMT(manual ~)と同様に右足でアクセルもブレーキも踏むようになったままだから、踏み間違えが起こる。
さらに、心身の能力の低下や「認知症」が進んでいるからなおさらに、踏み間違える事例が多い。
要は、AT車の設計自体が間違っている。なのに未だに直せない。それが人類、日本、自動車産業社会というわけなのだ。

このように、自分達が間違えているのに、その間違いを直せない
そうした状況がますます進行してくる。

現在やそれ以上に社会が分断されており、直そうとしても、反撥が起こる。
今でも例えば「右翼」「テロリスト」「ファシスト」の類が、間違いを改めないで、むしろ正しいものを敵視している。
有害でないものにまでも免疫反応が過剰に出るアレルギーと似ている
このような状況がさらに進むということだ。

そもそも自分達が壊れていない、壊れない、自分が善、正義だと思いこんでいることが誤りだ。
自省、悪の自覚がなければ、ますます自分達自身を壊すだろう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ