なんかひとこと

日本人は、会話が成りたっていないし、漢字の意味もわからないし、現実が見えていない「温室」(仮想空間)暮らし。

ブログの要旨

【重要】結論:せねばならぬこと

資源の無駄遣いを抜本的にやめる (怖れず徹底的に) 人口を減らす (人類を減らす) 地球外移住を進める 以上がこのブログの最大の存在趣旨である。 これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。 石油はあと50年ほどで涸渇する。ほか...

2019-01-29

「思いやり」はエゴイズムである

人類のほとんどが、エゴイストである。
ヒトというのは、異常な生存意欲、自衛意欲によって、生き延びてきた、異常な生物だからだ。
つまり、そうして生き延びてくるために、異常で危険なまでのエゴイストになり、そのあまり生物としてみずから失敗するようになった。

「思いやり」というのは欺瞞だ。大きな考え違えをしているのである。

「動物愛護」が合理的コンセンサスを得られない理由

例えば「動物愛護」というのがある。これも、「思いやり」の発想からきている。
ヒト以外の動物に対してまでも、あたかもその動物も自分と同じくらいにエゴイストであるという前提に立っている。
そのことが既に過ちであり、破綻しているわけである。

いうまでもなく、人類による生物の殺滅は抑制されねばならない。
「動物愛護」とは、結論としては概ね似通っている。
例えば、鯨であれ鰻であれ鮪であれ、ヒトがこんなにも殺して食っていたら絶滅するだろう。日本人は間違っている。

だが、問題の真の本質を捉え損ねている。
生物をこのように死滅させていたら、生態系が崩壊し、今までのようには決して生きていけなくなる、ということが問題の真の本質なのである。

「地球にやさしい」という欺瞞

いうまでもなく、「地球にやさしい」という「思いやり」にしても、欺瞞である。邪悪である。

2019-01-28

カネが目当てだから、気候変動も不健康も止めない


いまさら言うことでもないですが、
人間社会が、気候変動を抑える気がないのも、心身を害することを止めないのも、物をムダ遣いするのも、カネが目当て(要はカネ目)です。

人々は、この拝金主義構造の社会の奴隷になっているのです。
カネ至上の社会構造が人を操縦しているのです。

Prof Boyd Swinburn of the University of Auckland, the co-chair of the commission, said: “Until now, undernutrition and obesity have been seen as polar opposites of either too few or too many calories.
“In reality, they are both driven by the same unhealthy, inequitable food systems, underpinned by the same political economy that is single-focused on economic growth and ignores the negative health and equity outcomes.
“Climate change has the same story of profits and power ignoring the environmental damage caused by current food systems, transportation, urban design and land use.” 
"Take on food industry to beat malnutrition and obesity, says report" (The Gurdian) 

栄養失調と肥満に二極化しており、つまりカロリー不足とカロリー過剰の二極化。
その原因は世の中の食産業が崩壊していること。
それは貨幣経済、「経済成長」が目当てで、健康や(形式的平等ではなく)公平な結果を、無視しているから。

これは、気候変動、地球破壊と同じ構造。
食産業にせよ、交通や都市設計や土地利用にせよ、カネ目当てだから。


将来性のない食糧生産が続けられているので、
資源もなくなりましょうし、地球破壊は加速しましょうし、気候変動も加速しましょう。
ついでに、現在のの我々の健康も害している。ただそれは、将来のことや地球のことと比べたらきっと些末なことでしょう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2019-01-21

プラスチック生産は責任不在の状態

石油産業が、プラスチック原料をいまも増産しているようです。

彼らは、
  • プラスチック製品が、人命のためを含め重要で役に立っていること(害より益のほうが大きいということ)
  • 代替品にすると高価になるうえCO2排出量が増えたよ、ということ
を言い訳にしているようです。

"Founders of plastic waste alliance ‘investing billions in new plants’" (The Guardian)
European NGO says firms are likely to be at centre of global boom in plastic production



プラスチック製品にもさまざまなものがあり、その大多数は、ムダです。

また、物のムダ遣いをやめれば、代替品にきりかえても、二酸化炭素排出量を含め、外部不経済の総量は減ります


ポリプロピレンやポリエチレン、PETなどのプラスチックは、
風化して粒子に、いわゆるマイクロプラスチックになって、河川や海洋などを浮遊して汚染し、動物の身体にも入り込んでしまっている現状です。

燃やすなどすればマイクロプラスチック化を阻止可能ですが、それは二酸化炭素を含め、排ガスが出ます。

どちらでも、きわめて深刻です。
害と益を比較するとかいうレベルではなくて、そもそも本質的に比較不能な害です。

2019-01-17

気候変動を抑える食生活

肉や魚を食うことは、気候変動を助長する一因なのです。
それなのに、日本人は、食事そのものと気候変動の関連性をほとんど考えておらず、関係ないと思っているでしょう。

"New plant-focused diet would ‘transform’ planet’s future, say scientists" (The Guardian)

(English くらいいちいち訳したりしません。殆どの人は中学出ているでしょう。)


そもそも、動物を食いたいだけ食えるなんていうのは異常です。
ヒトどころかライオンですら、動物を狩るのには苦労しています。
動物を食うのは贅沢です。
贅沢だから肉が食いたいと思って、ヨーロッパをはじめ少なからぬ人々が肉食に憧れて、
食うために動物を飼って、肉を大量生産するようになってしまったのです。

2019-01-14

自己中心性と社会構造破綻

人々は、自己中心的な視界に閉じこもり、自身のエゴイズムに乗っ取られているのです。

社会構造は人々を、追い立てながら、贅沢をしてもいい、贅沢をしても当然だと思い気づかないようにし、人々を乗っ取っています。

だから、物はもうないのに、人々はいまだに無駄遣いをしておるのです。
無駄遣いをしても、自身の周りの人々も無駄遣いし、社会が無駄遣いを要求するとともに許しているのです。

例えば、週5日、全日、夜まで労働しておる人々がおります。
そうして、カネを稼いで生活水準を周りの人々に合わせ、休日に自家用車を乗り回して買い溜めをして暮らしております。
自らの足で歩きません。自らの目で世界を見て回りません。ヴァーチャルに暮らしております。

そうした自己中心的な人々の、烏合の衆、群れがですね、日本人であったりします。日本人は一例であり、日本人だけではないが。

エゴつまりわがままと、社会構造が、人格を乗っ取り、操作しております。

世界の情勢も、概ねはロシアの陰謀でしょうが、それにすらもホイホイと操られて、 Brexit なり、ナチズムなり、ドナルドの既得権益と既成構造を死守する USA 情勢などが現れてきたのです。

しかし、結局は誰が「手綱」を握っているのかというと、誰も制御しておらぬのでしょう。

だから、物は足りない、そのうえどんどんなくなってきておる現状で、
同時に人類の横暴により地球が毀され、典型的には気候変動が現れておるわけです。

既に、カネがあっても物は買えない世界になっておるのですが、
粗悪な贋物(間違い物)を買わされて社会構造の家畜になっておっても、気づきすらせず、贋物を喰い続け、飼われ続けております。

滅亡するのでしょうが、早く滅亡した方が地球の傷は浅く済み、人類の苦痛と狂乱も少なくて済むでしょう。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2019-01-08

温暖化の熱はほぼ海が吸収し海面上昇と台風に

人類がこの150年ほど増やし続けた熱は、海が吸収していて、大気にはほとんど吸収されていない、という話。

"Global warming of oceans equivalent to an atomic bomb per second" (The Guardian)

海が吸収するので、海面上昇や台風などの原因になっている。


日本人は愚かなので、見当違いの、一昨日向いているようなことをやっています。

例えば、無人島の監視も、他国との張り合い、海洋資源の搾取のためにやっているわけです。
実際に本当に危機的なのは、海面上昇であり、
気候変動を本気で止める気がない日本人日本自体が脅威

気候変動で台風などの災害が増えており、そして、
災害のほうが他国なんかよりよっぽど脅威


気温の上昇は統計上あきらかになっているわけですが、
大気への熱吸収は限定的で、圧倒的に海の吸収が多いというわけですから、
気温までも上がっているということは、
きわめて深刻なこと、酷いことを、人類はやっている、ということ
それで、自業自得になっているわけ。

日本は「国民」と「国土」を滅ぼしつつある
わけです。
日本国を滅ぼすのは、少子化でもダイヴァーシティでもなく、国外からの移住者でもなく、日本自身。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

2019-01-06

現実から逃げないことは、創造。悲観とはかぎらない

Positive act による効果の話。
いわゆる、嬉しいから笑うのではなく、笑うから嬉しいのだ、という話

Happiness, love, confidence: Can you act your way to a better life? (CBC.ca)

 Let’s be clear. In many cases, “faking it till you make it” can be a total disaster. Research and common sense show that it can backfire horribly and we certainly hope that airline pilots, crane operators and surgeons are not faking it.
But we’re not talking about that here. This “fake it” represents the subtle art of leading with a smile, putting your best foot forward, looking on the bright side, puffing up your chest, keeping your chin up. 
では、どうあるべきなのか?

つまり、現実をしっかり見据えて逃げない
そして、その現実に対して、創造的な対応策を考え為す

いまのアベなどの日本人は、現実から逃げています。
USのドナルドもやはり、逃げて、失うことを怖れ、強がって偉そうにしています。
卑しいです。
が、それだけではなく、そもそも現実逃避してやり過ごせる事態ではありません。

資源は失くなるんだ、人は多過ぎるんだ、などなど、私はずっと宣っています。

日本人は、現実から逃げています。
夏休みの宿題が2学期に間に合わないパターンです。

夏休みの宿題が完成しなくとも、死にも滅びもしません。

しかし、資源涸渇と地球環境崩壊は、死にも滅びもします

現実は待ってくれないし、逃げていてやり過ごせるものではありません。
山中でヒグマを見かけたから隠れてやり過ごすとかいう問題ではありません。

ましてや、人類は資源を無駄遣いし、事態をさらに悪化させている最中ですよね。
やり過ごすどころのレベルではありませんよね。

私はこうして、生命力も電力も消費してこれを書いていますが、
無駄に遣わないように皆を啓蒙するためだから、こうしてエネルギー消費をすることが許されるのです。

生き方そのものの問題、ひととしてのありやうの問題です。

現実から逃げないからこそ、
現実と付き合うからこそ、
将来を創造することが可能になるのです。
現実から逃げるのは滅びの途です。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

少子化を推進せねばならない

少子化を推進しなければ、人類や地球は滅ぶ。
もしかすると地球は滅ぶほどヘタレではないかもしれないが、人類は滅ぶのです。

少子化をさも悪であるかのごとくに喧伝する日本人は、ワガママで、愚かです。認知症が入っているのでしょう。

人類は多すぎます。
人類が蝕んで地球を傷つけています。

人類を減らさないと、将来はありません

少子化を推進せねばなりません。

国が衰えているのは、既得権益者(マジョリティ)がワガママを主張し、地位にしがみついているからです。
既得権益者が変わろうとしないから、世の中は善くならないのです。

現実には、あらゆる総ての人が相異しており、たった独りです。

しかし、馴れ合って同化して互いの既得権益をニギニギしている、そういう奴らをマジョリティと謂います。

マジョリティが、
世直しをしようとしないから、
進歩(真理に近づくこと)を拒むから、
くには滅ぶのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ