なんかひとこと

日本人は脳が壊れているのであろう(所見)

ブログの要旨

【重要】結論:せねばならぬこと

資源の無駄遣いを抜本的にやめる (怖れず徹底的に) 人口を減らす (人類を減らす) 地球外移住を進める 以上がこのブログの最大の存在趣旨である。 これを誰もが理解し人類が悔い改めれば、私はようやくこの重荷から解放される。 石油はあと50年ほどで涸渇する。ほか...

2019-02-01

北アメリカ大寒波。気候変動が一因

とりあえず、記事自体の紹介から
"Polar vortex: what is it and how is it linked to climate change?" (The Guardian)
内容は English なので、Google 翻訳でもいいから自力で読みましょう。
私は辞書なしでざっと読みましたが、文章長め。自然科学(気象学とか)なので少し苦労する。

北アメリカに大寒波が北極圏から押し寄せているという事件。

ガーディアンは UK のメディアでも、
US が UK から出たとか「西側」NATOだからとかだけではなく、
UK 連合にはカナダだってあるので、アメリカの話が出てくるのは普通。
(反対に、日本は、版図がないのに世界に無関心で、国外を「海外」とかいう、引きこもりの自分さえよければいい田舎者野郎。)


で、偏西風で暖気が北に押し寄せていて、その偏西風で押し出された北極圏の寒気が北アメリカに襲来している。
これは、今回だけではなくって、ドナルドがUSの政府シャットダウン(予算停止)を続けていた頃からとっくの事件。

ドナルドは愚かで、ボケも来ている老人なので、
「ほれみろ、寒いから温暖化なわけがないw」って反応。

ガーディアンの記事にも書いてありますが、
気候変動で、
暖気が北上して極端な気象になること、
熱くなった海水が、夏の間は深くにあって、冬になって昇ってくることも
大きな原因ではないか、ということがいえます。

2019-01-29

「思いやり」はエゴイズムである

人類のほとんどが、エゴイストである。
ヒトというのは、異常な生存意欲、自衛意欲によって、生き延びてきた、異常な生物だからだ。
つまり、そうして生き延びてくるために、異常で危険なまでのエゴイストになり、そのあまり生物としてみずから失敗するようになった。

「思いやり」というのは欺瞞だ。大きな考え違えをしているのである。

「動物愛護」が合理的コンセンサスを得られない理由

例えば「動物愛護」というのがある。これも、「思いやり」の発想からきている。
ヒト以外の動物に対してまでも、あたかもその動物も自分と同じくらいにエゴイストであるという前提に立っている。
そのことが既に過ちであり、破綻しているわけである。

いうまでもなく、人類による生物の殺滅は抑制されねばならない。
「動物愛護」とは、結論としては概ね似通っている。
例えば、鯨であれ鰻であれ鮪であれ、ヒトがこんなにも殺して食っていたら絶滅するだろう。日本人は間違っている。

だが、問題の真の本質を捉え損ねている。
生物をこのように死滅させていたら、生態系が崩壊し、今までのようには決して生きていけなくなる、ということが問題の真の本質なのである。

「地球にやさしい」という欺瞞

いうまでもなく、「地球にやさしい」という「思いやり」にしても、欺瞞である。邪悪である。

2019-01-28

カネが目当てだから、気候変動も不健康も止めない


いまさら言うことでもないですが、
人間社会が、気候変動を抑える気がないのも、心身を害することを止めないのも、物をムダ遣いするのも、カネが目当て(要はカネ目)です。

人々は、この拝金主義構造の社会の奴隷になっているのです。
カネ至上の社会構造が人を操縦しているのです。

Prof Boyd Swinburn of the University of Auckland, the co-chair of the commission, said: “Until now, undernutrition and obesity have been seen as polar opposites of either too few or too many calories.
“In reality, they are both driven by the same unhealthy, inequitable food systems, underpinned by the same political economy that is single-focused on economic growth and ignores the negative health and equity outcomes.
“Climate change has the same story of profits and power ignoring the environmental damage caused by current food systems, transportation, urban design and land use.” 
"Take on food industry to beat malnutrition and obesity, says report" (The Gurdian) 

栄養失調と肥満に二極化しており、つまりカロリー不足とカロリー過剰の二極化。
その原因は世の中の食産業が崩壊していること。
それは貨幣経済、「経済成長」が目当てで、健康や(形式的平等ではなく)公平な結果を、無視しているから。

これは、気候変動、地球破壊と同じ構造。
食産業にせよ、交通や都市設計や土地利用にせよ、カネ目当てだから。


将来性のない食糧生産が続けられているので、
資源もなくなりましょうし、地球破壊は加速しましょうし、気候変動も加速しましょう。
ついでに、現在のの我々の健康も害している。ただそれは、将来のことや地球のことと比べたらきっと些末なことでしょう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ メンヘル 自分と向き合うへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 宗教へ にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ